腸内細菌と免疫力の関係

ヒトの免疫能力に大きく影響しているのが腸内細菌だと言われています。その中で、免疫力を高める働きをしているのが腸内細菌のなかの善玉菌と呼ばれる成分です。良好な健康状態を維持するためにも、免疫力を高める必要があります。

 

逆に、悪玉菌という成分がありますが、これはヒトの免疫力を低下させる働きがあります。この悪玉菌が腸内細菌の中で増えてしまうと、様々な症状に悩まされるようになってしまいます。口臭や体臭に悩まされたり、肌が荒れたり、健康状態が保てなくなるため病気にかかりやすくなってしまいます。

 

ですから、腸内細菌の中の善玉菌を増やすことが、良好な健康状態を保つためには必要なのです。悪玉菌と善玉菌とでは、栄養源が異なりますので、日頃の食生活で善玉菌の喜ぶ食材を積極的に摂取するようにすれば、腸内で善玉菌がより働いてくれるようになります。では、どのような食材が良いのかというと、食物繊維などに含まれている糖質が善玉菌を増やしてくれます。

 

この糖質の代表といえば、乳糖やオリゴ糖などで、日頃の食事でこれらを意識して摂取するようにすれば良好な健康状態を保つ事ができることでしょう。善玉菌の数が腸内に少ない状態となると、いくら身体に良い食材を摂取しても、栄養をうまく吸収できなくなるため、体外にそのまま排出されてしまいます。

 

腸内細菌の中の善玉菌を増やしておけば、効率良く体内に入った栄養を吸収されるようになるので、免疫力が高まるという効果が得られるのです。腸内環境を整えるためにも自分の食生活を見直してみましょう。